読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

uokadaの見逃し三振は嫌いです

ここで述べられていることは私の個人的な意見に基づくものであり、私が所属する組織には一切の関係はありません。

glibcのGHOSTに対応した時にトラブったのでメモ

glibcのアップデートはお済みですか?

自分は外からアクセス出来るサーバーは対応完了していて、
残りの外からアクセス出来ない比較的安全なところにあるサーバーは絶賛対応中です。

今回のglibcアップデートを実行したら、dateコマンドの結果が変わったりなんなりでタイムゾーン設定が壊れる現象がありました。

その際に実施した対応方法のメモです。

うちのサーバーでは時たまGMTに設定しているサーバーがあってglibcをアップデートすると/etc/sysconfig/clockに書かれている設定(デフォルトだとAsia/Tokyo)に変更されてしまいました。

なんでだろうな?って調べて行ったらどうも最初のセットアップのときに、 /etc/localtimeを/usr/share/zoneinfo/GMTでコピーしてきて上書きしていたようでした。。。
これは本来は良くないやり方のようで本来は/etc/sysconfig/clockをいじるのがRedHat系のOSでは正解のようです。

うちではglibcをアップデートしても時刻設定が変わらないようにglibcアップデート前にこのコマンドを実行して対応しました。

$ sudo sed  -i'.orig' -e 's/Asia\/Tokyo/GMT/' /etc/sysconfig/clock

The Art of UNIX Programming

The Art of UNIX Programming