読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

uokadaの見逃し三振は嫌いです

ここで述べられていることは私の個人的な意見に基づくものであり、私が所属する組織には一切の関係はありません。

FlaskでLast-Modifiedを設定する最も簡単な方法

flaskでjsonを返すサンプルコード - uokadaの日記

上のエントリからしばらく開いてしまったけどStack Overflowみてたら簡単な方法を見つけたので紹介する。
http - RFC 1123 Date Representation in Python? - Stack Overflow

from wsgiref.handlers import format_date_time

このformat_date_time関数がポイント。 これにタイムスタンプを渡せばRFC1123形式へフォーマットして出力してくれる。

サンプルコードはこんな感じ。

#!/usr/bin/env  python2.7
from flask import Flask, jsonify, after_this_request
from wsgiref.handlers import format_date_time
from datetime import datetime
from time import mktime


app = Flask(__name__)

@app.route('/name/<name>.json')
def hello_world(name):
    greet = "Hello %s from flask!" % name
    result = {
        "Result":{
        "Greeting": greet
        }
    }
    @after_this_request
    def d_header(response):
        """ add header

        Arguments:
        - `response`:
        """
        now = datetime.now()
        stamp = mktime(now.timetuple())
        response.headers['Last-Modified'] = \
            format_date_time(stamp)
        return response
    return jsonify(ResultSet=result)

if __name__ == '__main__':
    app.run(debug=True)

スクリプトを起動してアプリケーションが返すヘッダーを確認します。

% curl -I localhost:5000/name/uokada.json
HTTP/1.0 200 OK
Content-Type: application/json
Content-Length: 91
Last-Modified: Thu, 28 Feb 2013 17:47:20 GMT
Server: Werkzeug/0.8.3 Python/2.7.1
Date: Thu, 28 Feb 2013 17:47:20 GMT

Last-ModifiedがちゃんとRFC 1123の形式で出力されてますね。

この関数、日本語訳されているドキュメントに載ってないので全然気づかなかった。 20.4. wsgiref — WSGI ユーティリティとリファレンス実装 — Python 2.7ja1 documentation

パーフェクトPython

パーフェクトPython