読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

uokadaの見逃し三振は嫌いです

ここで述べられていることは私の個人的な意見に基づくものであり、私が所属する組織には一切の関係はありません。

virtualenvwrapperを使い始めた

前々から、virtualenvを使ってたんだけど新しい環境作る際に毎度毎度調べていたので、
少しは楽になるかなってので virtualenvwrapper をインストールしてみました。

手順は以下。

% pip install virtualenvwrapper
% pip-2.7 freeze |grep  virtualenv
virtualenv==1.7.1.2
virtualenv-clone==0.2.4
virtualenvwrapper==3.5

#WORKON_HOMEは実行しなくてもMacはデフォルトでここに設定されているみたい
% export WORKON_HOME=$HOME/.virtualenvs
% source `which virtualenvwrapper.sh`
% mkvirtualenv myapp

# workon まで打って更にタブを押すと作成した環境が表示されるので便利
# 複数環境作ったらどれか忘れるのでこれはいい!
% workon
myapp1 myapp2
% workon myapp1

実際にたたいてみた。

% mkvirtualenv sphinx
New python executable in sphinx/bin/python
Installing setuptools............done.
Installing pip...............done.
virtualenvwrapper.user_scripts creating /Users/xxx/.virtualenvs/sphinx/bin/predeactivate
virtualenvwrapper.user_scripts creating /Users/xxx/.virtualenvs/sphinx/bin/postdeactivate
virtualenvwrapper.user_scripts creating /Users/xxx/.virtualenvs/sphinx/bin/preactivate
virtualenvwrapper.user_scripts creating /Users/xxx/.virtualenvs/sphinx/bin/postactivate
virtualenvwrapper.user_scripts creating /Users/xxx/.virtualenvs/sphinx/bin/get_env_details

# Shellの先頭に今入っている環境が表示されるのでわかりやすい。
(sphinx)% 

# 環境から抜けるときは deactivateで。
(sphinx)% deactivate 

参考:

  1. virtualenvwrapperとvirtualenvを入れたメモ - ゆどうふろぐ
  2. virtualenv, virtualenvwrapper, pip を使う方法 - Ian Lewis